バス釣りについて

バス釣り入門(MOOK版)

バス釣りは、ブラックバスを対象とした釣りのこと。ブラックバスというのは、大正末期にアメリカから入ってきた外来魚である。肉食で非常に生命力が強いため、今では全国各地で繁殖している。

バス釣りの場合はルアーを使う。ルアーとは疑似餌のことだ。いわゆるルアーフィッシングである。ブラックバスは、動くものならなんでも食べる習性があるので、ルアーが使われる。使われるルアーも数多くあり、ホンモノの魚そっくりに作られている。

バス釣りがなぜ人気があるのかと言うと――ブラックバスは小さな体のわりに引きが強いというので、釣りをする人にとってはおもしろいようだ。また、ブラックバスは非常に賢い魚で、音を聞いたり、匂いをかぎ分けたり、色を見分けたりもできるという。賢いブラックバスとの微妙な駆け引きが、バス釣りの人気の理由となっている。

バス釣りの時期としては、4月〜11月後半頃といわれる。春暖かくなった頃にブラックバスの活動がはじまる。しかし、夏場はバスも涼しいところを泳ぐので、どこに潜んでいるかを見つけるのもバス釣りの楽しみとなっている。

バス釣り攻略法

バスはいまや全国どこにでも生息する魚となっている。賢い魚であるバスを相手にする場合、いかに攻略するかがバス釣りの奥深いところである。

バス釣りの攻略法としては、まずはどこにバスがいるかを探し当てることがポイント。そのためには、バスの生態を知ることも重要である。釣りというスポーツは意外と奥が深いのだ。そして、大きな魚になるほど、経験や知識も必要となってくるのは言うまでもない。

バスの生息場所は、季節や湖沼の状況によって異なる。このためバス釣りをする場合、同じ場所でずっと釣りをするということはまずない。バス釣りはけっこうアクティブなスポーツなのだ。

バスは春頃は産卵の時期なので、入り江部分に生息し、夏場は水流のあるところや日陰のあるところといった涼しいところに生息したがるもの。こうしたバスの特長を理解しておくのも、バス釣りの攻略の一つである。

スポンサードリンク